FC2ブログ

民法94条2項の類推適用

最判昭45.9.22

不動産の所有者甲が、その不知の間に甲から乙に対する不実の所有権移転登記の経由されたことを知りながら、経費の都合や、のちに乙と結婚して同居するようになつた関係から、抹消登記手続を四年余にわたつて見送り、その間に甲において他から金融を受けた際にもその債務を担保するため乙所有名義のまま右不動産に対する根抵当権設定登記が経由されたような事情がある場合には、民法九四条二項を類推適用し、甲は、不動産の所有権が乙に移転していないことをもつて、その後にこれを乙から買受けた善意の第三者丙に対抗することができないものと解すべきである。



①長年虚偽の登記名義を放置
   ↓
②通謀とみられる原所有者の黙示の承認
   ↓
③民94条2項類推適用


と思ってたけど、「乙所有名義のまま右不動産に対する根抵当権設定登記が経由された」という事情も類推適用に当たって大きな意味があるようですね。



事件の概要から把握するって大事だなあなんて感じる今日この頃。

似て非なる事例も当然に同じ結論になるとはかぎりませんね。

似て非なる以上ちょっとした事情で結論は変わるかもしれない。
そもそも多分同じ結論だろうと考えられても、判例が出ていない以上誰にもその結論は保証できないし・・・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他日記ブログへ
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sakurasakushoshi.blog28.fc2.com/tb.php/814-be4e19e3

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する