FC2ブログ

押され気味の阪神大賞典ですが

大阪杯や日経賞に押され気味の阪神大賞典。
ここ最近出走頭数が少なすぎますね。

でも、ここ数年、後々振り返れば一番インパクトを残しているのは阪神大賞典だと思う。

ゴールドシップは昨年まで3連覇。ライバル不在とはいえなかなかできることではないし、阪神大賞典だけで1億8000万円以上稼いでることになるね。
2010年には8歳馬のトウカイトリックが勝利。まあこの馬は10歳でもGⅡを勝ったので8歳でのここは通過点に過ぎなかったのかもしれませんがw
2009年のアサクサキングスとヒカルカザブエの競り合いも見応えがあった。その時の3着だったナムラクレセントはその2年後の同レースでレコード勝ち。

ここ数年だけでも、振り返ると一番面白いのが阪神大賞典。
でもまあ、一番の衝撃はこちらでしょう。



にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sakurasakushoshi.blog28.fc2.com/tb.php/1372-c9f87579

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する