FC2ブログ

高橋由伸が監督かぁ

巨人は原辰徳監督(57)の退任を受け、後任候補を高橋由伸外野手(40)に一本化した。本人は現役続行への意欲が強いが受諾して新監督が誕生するものとみられる。早くから将来の監督候補と位置づけられ、今季から打撃コーチ兼任として指導者への道を歩み出したばかりだが、本命とされてきたOBの松井秀喜氏(41)、江川卓氏(60)の招へい断念で、外堀を埋められた。1998年のドラフト時にもヤクルト入りを希望しながら、周囲に説得されて巨人の逆指名を選んだ“囚われのプリンス”は、再び大波にのみ込まれる形で、他動的な決断を迫られることとなった。17日の今季終戦後に辞意を表明していた原監督は19日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れて渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)と会談。退任を了承された席で、後任人事について意見交換を行った。

(中略)

新監督誕生への最大の障壁は、本人の現役への強いこだわりだ。今季は兼任コーチとしてコーチ会議に加わるなど、着々と敷かれる“レール”を意識しながら代打の切り札としてグラウンドで奮起。打率・278、5本塁打、21打点で代打の打率は・395と「天才打者」の健在ぶりをアピールし、来季に向けた自主トレの準備にも取りかかっていた。

 だが本人の意思だけではどうにもならないことがあるのは、家族や慶大監督らの強い勧めで意中の球団でない巨人の逆指名に至った、22歳の秋に痛感している。自らの後継者に指名した原監督は、退任会見で「監督は自分がやりたくてもやれない。まわりのある種、他動的な部分、指名がないとできない仕事でもあります」と話した。

 親会社、読売新聞社で慶大閥は大きな力を持つ。球団でも今春に就任した堤GMをはじめ、1軍には上田運営部長、2軍にも大森育成ディレクターと要職に慶大野球部OBがズラリ。外堀は埋まっている。高橋由の他動的な野球人生にあって、就任受諾は明白なる宿命だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00000011-ykf-spo

        :
        :

選手兼任なのか監督専業なのか分かりませんが、監督という職を引き受ければ選手としては事実上引退でしょうね。
巨人ファンはこういう人事に納得するんでしょうか。

生え抜きのスターだからこそ、本人の意向が尊重される結果になると良いんですがねぇ。
巨人ファンではないけど、お節介ながらそう思う。


ところで、ナベツネってまだいたのね・・・・・。
たかが選手発言とか1リーグ制への野望とか大震災直後であるにもかかわらず予定通り開幕しろとかとか。
常人では理解できない思考の持ち主なので、たかが一選手の現役としてのこだわりなんてほんの小さなことなのかもしれない。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sakurasakushoshi.blog28.fc2.com/tb.php/1319-4f630aec

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する