FC2ブログ

単なる書き方の問題

破産管財人の場合
「義務者 A
 破産者A破産管財人B」

遺言執行者の場合
「義務者 亡A
      遺言執行者B」
※「亡A」だけの記載例もあり。

かたや、成年後見人や親権者が代理する場合は、

「義務者 A
 成年後見人B」

とは書かないですねぇ。

何でだろうと考えても、そもそも理由があるのかどうか。
能力補充の法定代理人の場合は本人の氏名だけで足りるんでしょうか。
でも、委任状には「A 親権者 B」って感じで肩書入れるけどねぇ。

まぁ、単なる書き方の問題ではありますが、何かの理由があるならスッキリするために知りたいところ。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sakurasakushoshi.blog28.fc2.com/tb.php/1266-e187f56d

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する