FC2ブログ

ノムケン辞任

CS開幕を3日後に控えての辞任発表だった。ただ、「リーグ優勝していても辞任したと思う」と野村監督は言う。CS前に決断を明かした理由は、ドラフト会議が近いことや、新体制にかかわる運営に配慮してだという。

昨季、野村監督は「4年で一区切りつけようと思った」と辞意を固め、球団に慰留された経緯がある。そのため、今回は球団側も無理強いはしなかった。「5年は一つのめど。立派にやり遂げてくれた」(松田オーナー)と了承した。

就任前は12年連続でBクラスだったチームを昨季、今季と2季連続で3位に押し上げた功績は大きい。丸や菊池といった生え抜きの若手を中心に据えて伸ばした手腕は評価できる。

その手法の一つが競争だった。今季も「調子の良い選手を使っていく」と宣言し、外国人選手や実績のあるベテランでも、結果が出なければ容赦なく2軍に落とした。監督の姿勢が緩みのない雰囲気をもたらし、選手の力が底上げされた。

投手、野手ともに若手が育ち、来季以降も上位争いできる素材はそろう。後任が引き継ぎやすい土壌を築いたとも言える。(堤之剛)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000042-asahi-spo

        :
        :

思わず「エッ」って声が出てしまった・・・・・。

就任当初はブラウン帰ってこいなんて思ってたけど、3年目くらいからチームが変わった。
もう感謝の言葉しかありません(TT

チームはまだまだ発展途上。
後任はノムケン野球を知ってる内部のコーチとかが良いです。
外部から変なの連れてきたらまた暗黒時代に戻ってしまう。
おそらくマエケンも大リーグに挑戦するであろう来シーズンは、向こう5年間を左右するくらい重要なシーズンになりそうだ。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://sakurasakushoshi.blog28.fc2.com/tb.php/1141-248aad77

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する