FC2ブログ

フェブラリーステークス 予想

海外GⅠのスッテプにすら使われなくってしまったフェブラリーステークス。年初めのGⅠくらいは豪華メンバーでいきたいもんですがねぇ。

そんなわけで、チャンピオンズカップの1、2着馬のほか、根岸Sの2着馬、東海Sの勝ち馬もいないので、レベル的には「ちょっと豪華な武蔵野ステークス」というところでしょうか。インティとモズアスコットの出走でかろうじてGⅠとしての格は保たれてるが、インティは1年間未勝利、モズアスコットは2走ボケのおそれありということで、席は3つ空いてるかもしれない。

そんな中、ヴェンジェンスは前走東海Sでこのレースに出走してれば上位人気間違いなしだったエアアルマスと0.1秒差の2着。昨年の10月には0.4秒差だったことを考えれば7歳にして進化も!?
GⅠ初挑戦だった昨年のチャンピオンズカップも絶望的な8枠16番から勝ったクリソベリルと0.7秒差の7着。初となる東京ダ1600mですがここは魅惑の可能性と考えましょう!

ということで、⑦ヴェンジェンス単勝&複勝!


-結果-
10着。4コーナーでヤバそうだったわりには直線頑張ったといえば頑張った。
それにしてもこの土日。ダイヤモンドSミライヘノツバサ16番人気1着、小倉大賞典ヴェロックス1.4倍馬券外、フェブラリーSケイティブレイブ16番人気2着。
ヴェロックスは危ない気配ありましたがね。

スポンサーサイト



京都記念 予想

GⅠへの直行ローテが主流となったためか今年で113回目を迎える伝統のGⅡも出走取消もあって10頭を切る寂しい状況。
1着賞金が6200万円もあるんだからもっと積極的に出走してほしいと思いますがねぇ。

メンバーとしてはJC2着のカレンブーケドールや秋華賞馬が出てきてるので何とか保たれてる。
さすがに1~3番人気のどれかで決まると思うけど、カレンの津村騎手は意外にもGⅡを買ったことがない。昨年2着のステイフーリッシュは去年よりも感覚が詰まってる上に休みなく使われ続けて上積みがあるのかどうか。
ここはクロノジェネシスに勝ってもらいましょう。オークスでも3着で距離は問題ない。バゴ産駒で道悪も好材料。
穴っぽいところだと昨年の京都大賞典で波乱を演出したドレッドノータスですかね。セン馬とはいえ7歳なので休養明けがどうかだけど得意の京都で粘りこめれば。



◎ ⑦ クロノジェネシス(→1着)
○ ⑧ ドレッドノータス(→8着)
▲ ① カレンブーケドール(→2着)

単 勝 ⑦(的中!)
ワイド ⑦-⑧
三連単 ⑦→①⑧→①⑧


-結果-
ゲート内では危なかったけど、スタートしてみれば安心して見てられた!
カレンブーケドルの次走ドバイはどうやらマーフィー騎手らしい。大阪杯をGⅠにした意味。


東京新聞杯 予想

東京マイル=エリモピクシーという公式は常識に近いくらいに浸透しているここ数年。ただ、重賞に限ると1番人気より4番人気以下(人気が下がればなお良い)の方が成績は良いんですね。重賞での得意技は、低人気でのこっそり3着w

いずれにしも古馬重賞初挑戦の2頭が1・2番人気だから、メンバーレベルは低め。
ヴァンドギャルドは昨年のデジャブー狙いか?
このメンバーの中で、「古馬重賞マイル慣れ」してると言っても良い4歳馬が一頭。どうしても人気になりにくい馬名のクリノガウディーです。
6着だったマイルCSではこのレースに出てくれば1番人気であっただろうダノンキングリーとは0.2差(勝ち馬インディチャンプとも0.6差)。
「シルクフォーチュンのような走り方を」という調教師の希望のもと、鞍上はもうじき52歳を迎える横山典弘。「いつものやつ」をされる可能性は捨てきれないが、休み明けや良馬場が苦手なレイエンダ、ピークは2年前のサトノアーサー、何が起こったか急に走る気をなくしたプリモシーンよりも、勝ちまで期待できる。「ぜひとも賞金加算を」というのも調教師の願い。

ということで、⑬クリノガウディー単勝&複勝!

-結果-

3着。複勝的中!
スタートから300mあたりで内に入れたときは「神騎乗。勝った」と思いましたが、横山騎手でなけでば3着もなかったかもしれない。
プリモシーンは見事な復活でした。


 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する