FC2ブログ

相続登記義務化の行く末は

法制審議会(法相の諮問機関)の民法・不動産登記法部会は3日、人口減少などによって所有者が分からない土地が増えている問題に対処するための中間試案について協議した。

所有者が死亡した土地の相続人に登記を義務付け、罰則も設けることで一致した。

3日の協議を踏まえ、法制審は中間試案を来年1月上旬に公表し、意見公募(パブリックコメント)を行う。法務省は来年秋にも想定される臨時国会に関連法改正案を提出したい考えだ。

土地の所有者が死亡すると自動的に相続が発生するが、登記が義務ではないことから、所有者不明の土地が全国的に増えている。このため、登記を義務付けるとともに、義務を知りながら一定期間放置していた場合に過料を科す。

登記の障害となっていた煩雑な手続きも簡素化。相続人のうち1人でも登記すれば義務を果たしたと認め、必要書類を最小限にとどめる。費用も軽減する。 


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000108-jij-pol

               :
               :

手続きが簡略化されて誰でも相続登記の手続きができるようになれば、本格的に司法書士事務所の廃業が続出するな・・・。

司法書士の生計を維持するための相続登記というわけではないので、手続きの簡略化はやむを得ないとも思う。

ただ、

  手続き簡略化
     ↓
  書類も簡略となり誰でも簡単に登記可能
     ↓
  虚偽名義又は合意に基づかない登記続出
     ↓
  取引の安全を害する

といった事態は想像に難くない。

相続事例ではないけど、先日も不動産屋と親族が結託して、偶然知ったであろう「家族信託」を悪用して認知症である所有権者のマンションの所有権を奪い取ろうとしている事例に出くわした。
高齢化社会において認知症が激増する昨今、判断能力が低下した高齢者の不動産の所有権を食い物にされる事例が頻発していることを忘れてはいけない。

それと、過料の制裁というけど、民法177条との整合性はどうするんだろ。

などと久しぶりに投稿してみる。

スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する