FC2ブログ

天皇賞(春)(GⅠ)予想

去年も低レベルだったが今年も低レベル。大阪杯がGⅠに昇格した今となっては天皇賞(春)のプライオリティは下がる一方ですな。それにしても天皇賞(春)の馬柱(父または母父)にスウェプトオーヴァーボードの御名前が二つも登場するなんて・・・。

今年は昨年の菊花賞1着~3着が1~3番人気。メンバー的にもそうなりますわな。
ただ、私がフィエールマンを買うとルメールのGⅠ連勝が止まりそうだし、エタリオウを買えば4~5着に落ち着きそうな・・・(・ω・;)
ユーキャンスマイルは万葉S斤量53キロ、ダイヤモンドS斤量54キロからの今回58キロなので厳しいんじゃないか。
そこで4番人気のクリンチャー。無謀すぎるフランス旅行でサトノダイヤモンドの如く闘志を失ってしまった可能性がゼロではないが、今回調教は良くなったのでまだ輝きを失っていない。今日の青葉賞に続いて三浦騎手騎乗の本命馬が8枠に入ってしまったけど、今年はわずか13頭立て。12番枠というのも昨年勝ったレインボーラインや2014年2着のウインバリアシオンと馬券内に来ていて全くだめなわけではない。クリンチャー&三浦騎手もこの枠から去年のリベンジを果たしてほしい。


◎ ⑫ クリンチャー(→10着)
○ ② エタリオウ


単 勝 ⑫(はずれ)
複 勝 ⑫(はずれ)
馬 連 ②-⑫(はずれ)


-結果-
早めに内に潜ったときは「よし」と思いましたが、その後は馬自身がしかたなく走ってる様子でそのまま終了。
「凱旋門なんて無謀な挑戦しやがって」という馬の抵抗にも見えなくもなかったですねえ。

またルメールに持ってかれたためか、ゴールの瞬間テレビ越しには少し白けた雰囲気が伝わってきた・・・。

スポンサーサイト



青葉賞(GⅡ)予想

若葉から青葉へ、そして優駿へ。といっても青葉賞はあまり東京優駿と連動しない。開催時期が数週間しか違わないけど求められる適性が全く違うんですね。
過去のレース結果を見ると2400mの距離経験があるとプラス。あと何故か母父ローマ字の馬が好相性。
だからというだけではないけど、サトノラディウスは新馬で2000m2.08.3という凡庸だったタイムを次走では8.5秒縮めるあたり相手なりに走れる。その次の梅花賞は5頭立てだったのでタイムはかかるけど最後は余裕を持ってフィニッシュ。
スマホで枠順を確認しながら「まだ名前が出てこないのか」とボヤいてしまったが、今回も実力を発揮してくれるはず。いっそのこと最後の枠入れなら・・・ね。ディープ産駒なら勝ちまであるかもとの期待も込めて。


◎ ⑯ サトノラディウス(→5着)

単勝 ⑯(はずれ)
複勝 ⑯(はずれ)


-結果-
ノリが逃げた時点で嫌な予感がした。今年は本命では買わないと決めてるけど、逃げると大抵馬券内に残してくる。
サトノラディウスは枠も厳しかったね。将来もっと強くなるんじゃないかなとは感じましたが。

劣悪企業

暴行を相談を続けてきた被害者に対して


「会社を攻撃する加害者だ」


なんてどういう神経で言えるだろうね。


他の芸能スキャンダルも相俟って時間が経てばまた元通りになると事件の"風化"を狙っているんだろうけど、そこまで馬鹿にされてもファンはついていくんですかね。
それにしも同じグループで活動していながらまっさきに「私は関与してません」としかいえなかったり、志半ばに強制辞任させられるメンバーを見て見ぬふりをしながら「前を向いて」なんて言ってるガキどもは、もうほんとどうしようもない。

あとそれと、公的にも私的にも全てが終わった後に白々しく「胸が痛い」とか「心苦しいです」とか言うやつは信用ならん。

公務員の分配

2020年東京五輪・パラリンピック期間中の首都圏の交通混雑緩和に向け、政府は今夏、各府省庁職員の出勤抑制時差出勤などを試行する。

原則として職員の公用車・タクシー利用も取りやめる。試行結果を踏まえて具体策を練る。

政府が17日発表した。試行期間は7月22日~8月2日。各府省庁に通う約5万人の職員のうちの1万人弱が、休暇取得推進やテレワーク、時差出勤に取り組む。7月24日は「コア日」と位置付け、約2万人が参加。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の内側にある出先機関の一部職員も参加する。危機管理や窓口業務の担当は除く。 


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000138-jij-pol

              :
              :

ある地方の役所に郵送で戸籍を請求しているが返ってくるまで都心の3倍以上の時間がかかる。
人手が足りなくて対応が間に合わないそうだ。

戸籍が戻ってこなければ相続登記の申請ができない。相続登記の申請が遅れれば不動産売買も遅れる。
行政の手続きが遅れれば私人間取引にも影響が出て不経済なのだよ。

オリンピックの混雑緩和のために都心の公務員を抑制するならその間だけでも地方に出張させろと思うわけです。

オリンピックを中心に考えてるというか、身近なことしか考えてないから非建設的な発想しかできないと考えざるを得ないですな。

皐月賞(GⅠ)予想

30連敗くらいすると思った広島が5連敗程度で止めたので、私の予想連敗もそろそろ止めたい。

サートゥルナーリアが圧倒的人気。皐月賞で単勝1倍台ってあんまり記憶ないけど、ああ2009年ロジユニヴァースが桜花賞のブエナビスタに続いて1倍台でしたね。まさに競馬に絶対はないと思い知らされたレースでしたが。


◎②ダノンキングリー(3着)
○⑨メイショウテンゲン(不参加)
▲⑧ニシノデイジー(不参加)


単 勝 ②
複 勝 ⑨
ワイド ⑧-②⑨
馬 連 ②-⑧、②-⑨、⑧-⑨


ダノンキングリー・・・前走、前々走とかなり強いと思われる。GⅠで3番人気以内の戸崎というのは大きなハンデではあるが。
メイショウテンゲン・・・三浦騎手、そろそろ中央GⅠ勝ちませんかね。馬場が渋ればもう少し人気しそう。
ニシノデイジー・・・道悪が苦手というより前走は馬場が悪い内を走り続けたのが原因。それでいて4着なら悪くない。

(その他)
サートゥルナーリア・・・今年も続けて外人にGⅠ勝たれると冷めるな。母シーザリオなら福永でも良いんじゃないかと。
ヴェロックス・・・気になるけど重賞実績がないのと個人的に金子所有馬と相性が悪いので。

-結果-
○と▲は一周回ってきただけで参加していなかった。
また休み明けが勝ってしまった。で、この馬もルメールなのでアーモンドアイやレイデオロと対戦することのないローテが組まれるという興醒めな未来が予想される。

借金20

こりゃだめだね、今年のカープ。

投手陣の勤続疲労により年々少しずつ弱くなってるけど、去年はセリーグの他球団が弱かった。
一昨年は薮田、去年は大瀬良の覚醒とフランスアの登場と必要なところで必要な救世主が現れるという運もあった。
それに今年は投手陣の弱さを補う打線の破壊力がないし守備もボロボロ。

・・・・・暗黒時代のごとく借金20いくな。

勝ち続けたマンネリや緒方監督の采配が相変わらずよくならないこと、丸が金満球団になびいて去っていたことも勿論要因だけど、チーム内の秩序というか緊張感が欠けつつあるのも一つの要因。
昨年の契約更改後の会見で菊地が球団の了承もなくポスティングでのメジャー志望を打ち明けたり、鈴木誠也が巨人ファンであることを公言したり・・・。
勝ち続けた驕りであっても主力選手がやりたい放題言いたい放題ではチームとしてまとまらない。

まあ、この辺は根本的な改革が必要でしょうね。

あと戦力の弱体化についてはお金で解決はできないので、5年くらいかけてまた底上げしてくれたらいい。
前回みたいに25年もかからなければ、それでいい。

傾向は変わる

投手の平均スピードは140㌔前後。150㌔出れば剛速球。
というのは少し前の話。いまや150㌔は当たり前で160㌔出るかどうかの時代。

トレーニング施設の高度化も大きく影響していると思うけど、競馬の世界も同じ。

「休み明けは見送り」などもう通用しない時代になってきたな。

年空け初戦の桜花賞をレコードで完勝するなんて一昔前には考えられん。
去年のアーモンドアイも3ヶ月以上の休み明けで桜花賞と秋華賞を楽勝でかけ抜け、ドバイまで勝っちゃいましたからね。
史上最強スプリンターともいわれるあのロードカナロアでさえスプリンターズSや高松宮記念の前にひと叩きしていたのはそんな昔の話ではないはずだが。

まあ、今の時代は有力馬の使い分けがはなはだしいのも一つの要因にはなってるね。
昨日の桜花賞は別として、強い馬が集まるはずのGⅠですらもレースごとに有力馬が使い分けられるから、強い馬がすべて集まるわけではない。

騎手事情も含め、時代の変遷に伴う傾向の変化も考えながら馬券を買わないと、どうにもこうにもマイナス続き・・・。


といいつつ、皐月賞のサートゥルナーリアはグランアレグリアの前例によって人気を集めながら盛大に飛びそうな気がしなくもない。

桜花賞 予想

平成最後の桜花賞!
阪神JFの上位3頭とグランアレグリアが強そうだけど、枠順はおもしろいことになった。

◎ ⑭ ビーチサンバ(5着)
○ ⑮ ダノンファンタジー(4着)
▲ ⑬ ジュランビル(8着)


複 勝 ⑭⑬
ワイド ⑭-⑮、⑭-⑬、⑮-⑬

ビーチサンバ・・・勝ちはしなくても堅実。前走出遅れたので今回は反省して普通に出てくれるはず。
ダノンファンタジー・・・正直飛んでくれるとうれしいが。まさかのまさかでハープスターみたいな乗り方したらヤバいね。
ジュランビル・・・2歳重賞で3着内に来た低人気馬はここだけ来たりする。

(その他)
グランアレグリア・・・さすがにぶっつけでは。
アクアミラビリス・・・魅力的な末脚だけどすべてがハマらないと。しかも今年の重賞ではデムーロ絶不調。

-結果-
グランアレグリア見くびってました、すみません。
牝馬の福永とは言っても実は阪神芝1600mの重賞ではかなり成績悪いんだよね。そんな中で阪神JFで3着に持ってきたからここでもと期待したけど、終わってみればデータ通りだった。
過去に5年連続で的中させて超相性が良かった桜花賞だけど、16年以降全くかすらない。

ありがとうウオッカ

ウオッカ死亡とのニュース。
私が競馬を始めた頃、まさに競馬界の中心であったウオッカ。

2008年ジャパンカップ、2009年天皇賞秋と2度ウオッカを生で見たことがあるけど、素人目に見ても日本人プロ野球選手の中に一人現役バリバリのメジャーリーガーが混じってるような物凄い迫力を感じたなあ。
その後、ジャスタウェイやジェンティルドンナなどの名馬も東京競馬場で生で見たけど、ウオッカほどの圧倒的な馬体を生で見たことがない。



今でも競馬の魅力を伝えるときは必ずこのレースを見せる。




この伝説のレースから10年以上経った今も感動させてくれるウオッカありがとう!

『令和』

今日、日本で一番注目を浴びたであろう菅官房長官。
私もワンセグで"その瞬間"を見てましたよ。



『令和』



その言葉を聞いた瞬間、「良い響きだな~」と思いました。
掲げられた額縁に書かれたその漢字からも凛としてまっすぐな印象を受ける。

事前に漏れることのないように極秘事項として国民全員でその瞬間を迎えたことも良かったと思う。

「令和は良い時代に」と思う反面、良い時代と思えるようにするのは自分次第だったりとも思う平成31年4月1日。

 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する