FC2ブログ

宣言残留は終わりの始まり

広島東洋カープが球団史上初めてFA宣言の後の残留を認めるかもしれない。
これは言うまでもなく読売という金満球団への対抗策だけど、本当に宣言残留を認めて良いものなのか否か。

今回、丸に対してのみ宣言残留を認めれば今年FA権を取得した松山はもちろん、来年以降にFAを取得する菊地、田中、會沢あたりも同じような恩恵を受けたいと思うし、認められなければ「丸には認められるのに自分は認めてもらえなかった」という心に引っかかる蟠りが生まれるは明らか。
そうなると新井が「家族」とまで形容する今のチームのまとまり、雰囲気が崩壊してしまう。

マネーゲームでの対抗策としての宣言残留は、黄金期の終わりの始まりになるかもしれない。。。

大竹の時もそうだったけど、個人的には出てくなら出てくで仕方ないし去る者追わずでいいとも思うが。
特に今のカープは12球団トップクラスの魅力あるチームに成り上がったんだから、それでも出ていくというのなら。


スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する