FC2ブログ

'18天皇賞(春) 予想

阪神大賞典で2着にきただけのジャミールが3番人気に支持され、多くの馬券購入者がお前誰だと叫んだ16番人気のメイショウドンタクが3着に入選した2010年以来のメンバーレベルの低さ!
今年のメンバーならGⅡを勝つだけの力があれば充分すぎる。

秋の天皇賞では3着経験があるレインボーラインは昨年GⅠに5度出走。一気にレベルが下がった前走の阪神大賞典では最終コーナーまでに徐々にポジションを押し上げて約2年ぶりの勝利。前走のメンバーレベルでしっかりと勝つあたり信頼して良いでしょう!

実績最上位は唯一のGⅠ馬であるシュヴァルグランだけど、前走さすがに負けすぎ。ボウマンの京都3200m適性も疑問。
強いといわれる4歳世代は3頭出走するも、クリンチャーは長距離GⅠでは最悪のテン乗り。チェスナットコートとサトノクロニクルは4歳ではあるものの同世代ではレベルは一段下がる。明日のレースに関しては4歳であることに拘らなくても良いでしょうね。

<印>
◎ ⑫ レインボーライン(→1着)

<買い目>
単 勝 ⑫(的中!)
複 勝 ⑫(的中!)

-結果-
レース後はレインボーラインの怪我が心配でしたがこれまでの情報によると軽傷だそうで。
GⅠ馬になったことだし今後のことは無理なさらずに。


スポンサーサイト



メンバー

大学生の頃、同じサークルの後輩の女の子が小田急の登戸だったか祖師ヶ谷大蔵だったかの駅で山口達也メンバーを見かけて声をかけたら、快く握手に応じてくれたそうな。
テレビで見てる感じもTOKIOのメンバーは皆さん感じが良い。
それだけに今年の2月に女子高生にイタズラしようとして、その後も何食わぬ顔してテレビに出演し続けていたのはいただけないし残念でもある。


「またいつかTOKIOに戻れたら・・・」とのことだけど、世間が許せばそれもありだと思う(復帰する以前にTOKIOが活動停止してる可能性もなくはないがw)。
いまの芸能界、どう考えても世間が許したとは思えない不倫矢口や卒論ベッキーが許されたと勘違いして復帰できる始末(もはや「復帰」ってなんだよ)。業界への復帰は時間が解決してくれるんでしょう。


それにしても、ジャニーズとはいえ18歳くらいの女子高生からしたら、30歳近くも年上の46歳のおっさんにキスを迫られたらそりゃあキモいでしょ・・・。
イケると思ったんなら、それはまた御目出度い。

'18読売マイラーズカップ 予想

-読売マイラーズカップ (GⅡ・京都・1600m)-

毎年固くおさまりそうだけど終わってみれば荒れるんですよね。
去年のヤングマンパワーなんて京都では絶対いらんと思ってた。

◎ ⑨ モズアスコット(→2着)
▲ ⑦ ダッシングブレイズ(→出遅れ)


単 勝 ⑨
複 勝 ⑦
馬 単 ⑨→⑦
ワイド ⑦-⑨

モズアスコット
初のGⅡ挑戦だった昨年末の阪急杯ではサングレーザーに完敗。今回は斤量1㎏もらって位置取りも良いところで運べそう。あとはエアスピネルにさえ先着できれば。

ダッシングブレイズ
いつの間にか前目につけれるようになってた。何か人気薄がくるとしたら、昨年エプソムカップを勝ったこの馬かなと。

((その他))
ロジクライ…魅力的だけど復帰してから5走目で格がグンと上がるGⅡ挑戦といいうのは果たして。

-結果-
このメンバーでレコードなんて・・・。
最後の直線、ディープ産駒のサングレーザーに標的にされた瞬間私の馬券はまな板の鯉状態だった。



光秀だと!?

「麒麟ってなんやねん」と思ってよく見てみたら、2020年のNHK大河ドラマはなんとなんと明智光秀!
これはこれはもう待ちに待って待ちまくってた。

脚本は大河の中でも人気が高い『太平記』を手掛けた池端俊策氏(見たことないけど)。
直虎、西郷と反吐が出るほどの駄作が続いたのでこれは期待できる!

わずか10日足らずで歴史を動かす大事件を2度起こした明智光秀。
ここまでドラマティックな歴史上の偉人はなかなかいないでしょう。
(ちなみに織田信長ファンは明智光秀を「偉人」と称えることに違和感を通りこした憤怒を感じることでしょう。しかし、外様という立場から当時戦国最強と恐れられた織田信長の右腕まで上り詰めたことからも、戦国武将としては間違いなく偉人なのです。)

本能寺の変は陰謀説によるのか怨念説によるのか、はたまた「信長(1992年大河ドラマ)」でも使われたノイローゼ説によるのか。

楽しみが尽きない^^

隠れた名曲(92)



BURNING IN HELL  『BRAVE WARRIORS』

何が起こるんだというワクワクする始まりからAメロ~Bメロ~Aメロ~Bメロ。
と、きてのサビがちょっと「んん??」とトーンダウン。
2度目のBメロまできて勇敢な戦士たちは疲れ果ててしまったんだろうか・・・w

でもまあ、間奏のギターもかっこいいので★★★☆☆といったところで。
(サビだけがほんと残念すぎる(><)・・・)

18皐月賞 予想

-皐月賞 (GⅠ・中山・2000m)-

先行勢多数、稍重?
このメンバーでダノンプレミアムが出走してたらどういうレースをしたか興味深かったけど、回避じゃしかたない。

◎ ⑦ エポカドーロ(→1着)
○ ⑮ ステルヴィオ(→4着)
▲ ⑪ マイネルファンロン(→13着)
△ ③ ジャンダルム(→9着)
△ ⑨ オウケンムーン(→12着)


単 勝 ⑦(的中!)
複 勝 ⑪
ワイド ⑦-⑮⑪③⑨

エポカドーロ
調教師は何が何でもハナ、厩務員はハナでなくても立ち回れる、と。このコメントは陣営の作戦でしょうかね。前目にいく馬の中では1番強い。策士藤原、槍隊戸崎。裏をかいて厩務員のコメントが陣営の作戦と信じて。

ステルヴィオ
負けた相手はダノンプレミアムだけ。ロードカナロア産駒とか関係なく前走見る限り2000mも余裕で持ちそう。

マイネルファンロン
前走ギリギリで出走権を獲ったが、距離延長は良いはず。未勝利戦の走りから道悪もむしろ追い風か。複勝けっこうつく。

ジャンダルム
母ビリーヴということでホープフルSではばっさり切ったけど、外を回されながらも2着。このレースと相性良いサドラー保持馬。枠も良い。が、サンリヴァルやステイフーリッシュと大きな差をつけてるわけでもなく・・・。

オウケンムーン
毎年流行りの共同通信杯勝ちも戦ってきた相手が弱い・・・。ただ、稍重で敗れた新馬戦は騎乗ミスなだけで上り最速なので道悪は意外と得意かと。

((その他))
ワグネリアン・・・良馬場で4枠より外なら一番強い。勇気を持って内を突くか定石どおり外を回すか。後者と見て切り。
キタノコマンドール…意味不明な人気。

-結果-
やはり控えたか。
エポカドーロが入ったのにワイド全外しとは思わなかったけど、日曜日の的中は久々なのでまあ良しとしましょう。


成人を迎える

hideが亡くなって20年という今年。
ということは、ピンクスパイダーやROCKET DIVEも成人を迎えたというわけだ。



リリースされてから20年経てばどんな曲でも必然的に"成人"となるわけだけど、20年経っても記憶から消されることなく死なずに聴き続けられる曲ってのは、リリースされるあらゆる楽曲のうちのほんの数パーセント。
そういう意味である曲が成人を迎えるということはとても尊いことなんだと感じる今日この頃。

桜花賞 (ラッキーライラック以外で)ワイド&複勝予想

-桜花賞 (GⅠ・阪神・1600m)-

そろそろ桜を咲かせたひ。


◎⑨リリーノーブル(3着)
○⑥スカーレットカラー(8着)
▲⑰マウレア(5着)
△⑯フィニフティ(12着)


ワイド ⑨-⑥⑯⑰
複 勝 ⑥

◎リリーノーブル
中団~前目につけるタイプなので桜花賞の傾向から勝ち切るまではどうかも、堅実な走りは魅力。枠もイイね。
○スカーレットカラー
リリーノーブルやプリモシーンと0.2秒差、ラッキーライラックとは0.4秒差の実績があるのでスタート良くて運も向けば。
▲マウレア
ラッキーライラックを消すなら⑨同様にこの馬は買わないと。栗東滞在もグッド。
△フィニフティ
最後は伸びてくるはず。430㎏以上で出走できれば。

-その他-
ラッキーライラック…1番人気が呪い化してる中で最悪の1枠1番。外すしかない。
アーモンドアイ…出遅れ癖があるうえシンザン記念からの直行というのは。予定通りのローテとはいえ。
トーセンブレス…買いたかったけど鞍上が今年阪神初見参。しかも明日は桜花賞一鞍のみではね。

-結果-
1~3番人気だけで決まるんじゃさすがにどうしようもありません。
競馬予想TVの大荒れ予想とは何だったのか。

一生経験することがない

大阪桐蔭の2年連続Ⅴで春の高校野球が幕を閉じた。
なんだろう、久しぶりに高校野球が終わってもの寂しい・・・。

昨日は東海大相模を応援すべく昼休憩と称して事務所で智弁和歌山との熱戦をワンセグで鑑賞(まあ、昼休憩、おやつ休憩、夕休憩→帰宅というパターンも多いが)。
テンポの速さが高校野球の良いところだけど、昨日の第1試合はミスが多すぎて・・・(^^;
そりゃ智弁の監督も激怒するわ。切れてるところをしっかりカメラにとらえられてたね。

もしも自分の母校が甲子園で優勝したら・・・。
もともと中の下。そのうえ、東海大相模、横浜高校、桐蔭学園といった常連校を倒して甲子園に行きましたとなるとそれはもうスラムダンクの世界(競技が違うけど)。
「母校が甲子園で優勝した。」
一生経験することがない栄誉を大阪桐蔭のOB・OGは2年連続も。羨ましい(*´ω`*)

 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する