FC2ブログ

まな板の上の鯉(カープ)

メイクドラマをくらった1996年、終わりの始まりは札幌円山球場での巨人戦ではなく、本当は7月後半戦早々の浜スタでの3連敗だったんですよね。
救援陣が(というかひじをクイッとあげるフォームが特徴の山内が)崩れて崩れて、もう一回崩れて勝ち試合を3つともドボン。
そこから相手を威圧するような威風堂々とした赤ヘル軍団が、負けないように負けないようにと相手に怯える俎板の上の鯉に一転。

あれから21年。
今回もまた終わりを始めさせたのは浜スタの横浜。
神奈川在住だけあって、祭のような横浜の青い喝采が恨めしい。

去年もヤバい時期はあったが、追ってきていたのは監督1年生だった高橋由伸率いるそんなに強くない巨人。
しかし今年はのびのびと楽しそうにボールやバットと戯れる横浜ベイ(阪神ファンには悪いが、圧倒的に横浜の方が怖い)。

去年の「勝ちパターン」はもはや「勝ちパターン(笑)」。
(点を取られるのが当たり前になった救援陣を果たして「救援」と呼ぶのだろうか。)
打線も中押しできずで一発だけの打ち上げ花火状態。

見るに堪えん。



にほんブログ村
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する