FC2ブログ

法科大学院 適性試験廃止

法科大学院の志願者減少に歯止めをかけるため、文部科学省の中央教育審議会・作業部会は、受験者の第一関門になっている共通テスト「適性試験」を各校が任意で利用する方式に転換する方針を固めた。

11日の中教審・特別委員会に報告書を提出し、2018年度の実施を目指す。これにより、適性試験は廃止に向かう見通しで、法曹としての資質を入り口でチェックしてきた法科大学院は当初の制度設計から一層乖離(かいり)が進むことになる。

適性試験は法律家に必要な思考力や表現力を問う内容で、各法科大学院が個別入試の際、成績提出を義務付けている。毎年5~6月に2回実施されており、今年度は全国14地区で行う。

法科大学院の受験者は、一斉開学した2004年度の約4万人から15年度は約9300人に激減。当初の74校のうち31校が廃止を決めた。文科省が昨年10月、学生募集を継続していた45校を対象に調査したところ、41校が「適性試験が志願者確保の障害」と回答。「実施場所や回数が限られており、受験しにくい」などを理由に挙げた。合否への影響が3割未満という大学院も半数以上に上った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00050168-yom-soci

          :
          :

いずれ廃止になるだろうとは思ってたけど。
廃止したら法学未修者ってのはどういう基準で選考するんでしょうねぇ。

ただ、適性試験を廃止しただけじゃ受験者数は増えないと思う。
そもそもそういう問題ではなく、法科大学院という制度自体に欠陥が・・・・・。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する