FC2ブログ

考え方を変えた理由

と言っても、180度方向転換したわけじゃないけどーー。


以前(と言っても1週間ほど前まで)は論基礎の論証を正確に記憶してこれを使いこなせるようになることが論文を書く上での最善の対策と考えてた。

が、論文答練を受ければ受けるほど「少し考え方を変えたほうが良いんじゃねーのかい」と。


論文答練の解説冊子を見てると、

「あてはめ勝負なので論証はコンパクトに。
規範定立とあてはめは問題文の事情を拾いながら現場で臨機応変に判断してね」

といったのが多いこと多いこと(まだ10問程度しかやってないけどw)。


現場処理 ⇒ 臨機応変に 

ってことで、実際の事件で裁判官がどういった処理の仕方をしたのかを知る必要があると考え、長らく放置していた判例百選を開き、また、わけのわからん問題に出くわした場合にも対応できるよう基礎知識等々をCブックで確認し・・・・・、とこの一週間で若干勉強の仕方が変わりました(まぁ、これには知識の補充って意味合いも大きいですが)。

これまでは、論基礎9:その他1って感じだったからね。極端すぎw


とはいえ解釈中心の問題を解くには論証を覚えてた方が良いわけで、そうなると論基礎も疎かにはできないんだけど。



臨機応変に対応するためには基礎ががっちりしてないと話にならないよってのは当たり前と言えば当たり前なんですが、まぁそういったわけで考え方がちょっと変わりました。



「結論を導く為に試験の現場で論証を作る!」


以前、某受験生の方とお話してた時に仰てた事なんですが、身をもってこの意味が分かってきましたよ。

ふふふふふwwwww(←この笑いには特に意味はありません)


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 資格ブログ 国家試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ

スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する