ちょっと前。

オリンピックが開幕してますが、30歳を過ぎてから時の流れが速くて速くて。
ソチオリンピックが4年も前なんて。


-ソチ五輪が開催された2014年の主な出来事-

・笑っていいとも終了
・消費税8%に
・御嶽山噴火
・ASKA覚せい剤事件
・ゴーストライター
・STAP細胞
・野々村竜太郎号泣会見
・妖怪ウォッチ               等々

去年こんなことあったねなんて言われても驚かない出来事が多いなあ。

ちなみに流行語大賞は日本エレキテル連合の『ダメよ~、ダメダメ!』らしいがこれは今初めて知った。  
名詞も動詞も当時一度も聞いたことないと思う。

スポンサーサイト

結婚延期の結末は

公人でない一般人同士の婚約でも難しい局面は訪れるものだけど、公人と私人の婚約は当人でも理解しきれないような困難があるんでしょう。


一方の母親の問題というのもまた悩ましいところ。
400万円を「贈与を受けた」として通すなら贈与税払ったんかいという問題にもなる・・・(^^;


計り知れない関係人のもと自身の意思がどこまで尊重されるか疑問だけど、10年後くらいに「あの時は色々と大変だったね」と言いながら暮らしていれば、ハッピーエンドというものですね。

コンビニ仕事は誰でもできる?

業界にも深刻な影を落としている。フランチャイズ店の中には、アルバイトの募集をかけても応募がなく、「一人あたりの業務量も増えている」という。たとえば、ローソンでは、従業員がコンビニコーヒーを客に手渡しする方式が採用されているが、このやり方が昨年、「コンビニ店員の業務負荷尋常じゃねぇぞ」とネット上で話題になった。一体、コンビニの労働環境はいまどうなっているのか、従業員たちに聞いた。(弁護士ドットコムニュース編集部・山下真史)

●「手渡しコーヒー」に象徴される「小さな負担」の積み重ね

セブンカフェが大ヒットして以降、どのコンビニチェーンもこぞって「淹れたて」のコーヒーを販売している。ローソンでは、独自にコーヒー専門家を認定する「ファンタジスタ」制度を導入して、従業員たちの「やりがい」にもつなげようとしている。ローソンの竹増貞信社長も、手渡しコーヒーは「心のふれあい」と強調する(日経BP・2017年11月ウェブ掲載より)。

しかし、「ふつう」の従業員たちにとって、手渡しコーヒーは負担につながっているようだ。都内にあるローソンで働く藤田真人さん(仮名・40歳)。その店では、1日300杯のコーヒーが売れている。朝の通勤時間帯など、つぎつぎと注文されると、その作業に人をさかれてしまい、すぐに長蛇の列ができるという。一杯を渡すことは大したことがなくても、同時に客から求められると、まさに一杯一杯の状況に陥るというわけだ。

藤田さんは「たしかに客とのコミュニケーションは大事だと思いますけど、ふれあい?やりがい?ファンタジスタ? 暇な店の話でしょ。僕だって、そんな暇な店で働きたいですよ。うちも、セルフ式にするだけで、相当ラクになるんですけどね」と、少しうんざりした表情を浮かべた。

1月中旬の約10日間、都内のあるローソンで、毎朝コーヒーを買いつづけてみたところ、たしかに店員が、コーヒーを淹れてくれてうれしい。だが、時間がないためなのか、手渡すときの言葉は「はい」「どうぞ」とそっけない。ファンタジスタのいないその店は、少なくとも「心のふれあい」や「おもてなし」はあまり感じられなかった。

●簡単だけど、「永遠に終わらない」作業

手渡しコーヒーは、あくまでローソンだけの話で、「個人的には大した作業じゃない」という人もいた。ただ、コンビニのさまざまな業務は、一つ一つが単純なものだったとしても、たくさん積み重なることで、従業員の大きな負担になっているのはたしかだ。

福岡市にあるコンビニの元従業員、堀江太一さん(仮名・30歳)は「棚の整理、商品の補充なんかは、永遠に終りません。オフィス街ということもあり、客も並ばされると、イライラしていて、こちらもかなり気を遣いますよ」と打ち明けた。

さらに、やりがいのなさも問題になっているという。

先ほど登場したローソンの藤田さんは「コンビニ店員は、専門職でも技術職でもない。マニュアルもありますよ。結局は、本人のやる気の問題なんですが、来る日も来る日も同じ作業で、やりがいはなく、先も見えません」と苦悩している。

都内のあるセブン−イレブンで働く島津美子さん(仮名・33歳)も「仕事自体は簡単ですよ。言葉の壁がある外国人でも問題なくできるんだから」と豪語する。島津さんによると、コンビニ店員は、客とほとんど会話をする必要がないため、「コミュ力」がなくても働ける。だが、店員同士のコミュニケーションもなく、「殺伐とした職場」だと感じている。

●アルバイトはほとんど採用できていない

実際にどれくらい人手不足なのだろうか。藤田さんによると、週1回土曜日、(夜間を一人で回す)ワンオペの日があるという。「アルバイトはほとんど採用できていません。採用できても、すぐにやめてしまいます」。藤田さんは、コンビニ店員歴15年を超える「大ベテラン」で、今も週5日の夜勤シフトに入っている。

藤田さんの主な仕事は、商品を棚に並べたり、店内外を掃除すること。住宅街に店があるため、夜間の客は、朝昼と比べてそれほど多くないという。だが、そうはいってもワンオペの日は、休憩時間がまともにとれない。従業員トイレで用を足していると、入店チャイムが鳴って、あわててレジに向かうこともあるそうだ。

●コンビニ店員のイメージが低下している

さらに、取材に応じた従業員たちは「世間的に、コンビニ店員のステイタスやイメージが低くなっていることで、ますます人が集まらなくなっている」と口をそろえた。

堀江さんは「SNS」の普及が背景にあると説明する。「とくに学生や外国人たちは敏感です。労働環境が悪かったりすると、すぐにLINEで仲間に共有します」。堀江さんによると、かつて学生のバイトとトラブルになった店は、そのあと数年間、その大学の学生から、応募がないという現象があったという。

ベテランの藤田さんの店では、イヤホンつけたまま、電話しながら、レジに並ぶ客も少なくないという。「単に、モラルが下がっているだけかもしれませんが、利便性・効率性を追求した結果、コンビニ店員は『誰でもできる仕事』となり、そして『雑にあつかっていい存在』と、軽くあつかわれていると思います」(藤田さん)

膨大な業務の積み重ねによる負担、単純作業の連続によるやりがいのなさ、客からのイメージの低下。この負のサイクルから抜け出せる日は来るのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00007368-bengocom-soci

           :
           :

ローソンの手渡しコーヒーは確かに効率悪いと思ってた。
「心のふれあい」のせいでレジ待ちの客が並ぶわ並ぶわ。しかも店員と心がふれあったという感覚はない(店員もいっぱいいっぱいで)。

コンビニでは3件バイトしたことがあるけど、私が学生時代の時から「誰でもできる簡単なバイト」っていうイメージが定着してましたねえ。
確かに家庭教師なんかと比べれば特殊な能力は必要ないですからね。

でもねえ、記事にもあるような永遠と終わらない作業の他にも大変なことってあるんですよ。
上述の「イメージ」から集まるバイトは「そういう」系の残念な人種が多い(私も含めてだったのかもしれないが・・・)。
社員も同様で私が最初に働いたコンビニの店長は深夜のシフトでビール飲みながらバックルームでふんぞり返ってた。更にすごかったコンビニ店長は東北大震災の義援金を懐に入れるという正真正銘の犯罪者(後に本社にばれてクビ。業務上横領罪で告訴されたのかどうかは知らない)。

とにかく低能でありながら小さな世界でエリート志向の強いゴキブリ野郎だったり犯罪を犯す店長だったり職場の雰囲気はとにかく最悪なところが多い。
こんなところで終わりなき労働を強いられ周囲からも何の評価もされなけりゃ、そりゃあ嫌になってくるでしょう。


そんなコンビニバイト。
続けるためにはそれなりの忍耐力が必要。

あなたの4~5年って・・・

松坂はトレーニングルームでアップを終えると、又吉克樹投手(27)とともにキャッチボールを開始。約40メートルの距離をカーブ、カットボール、チェンジアップなど変化球も交え、強い腕の振りで20分ほど投げ込んだ。

入団テストは完全非公開だったため、中日での投球は“初のお披露目”だ。見守ったチーム関係者からは「全然、投げれるじゃん!」と感嘆の声も漏れた。

又吉は「(松坂の兄貴分である)デニーさん(友利結国際渉外担当=50)から『キャッチボールの相手いる? やってみたら』と言われたので、いい経験になると思い自分から声をかけました。真っすぐが重かった。中日でいろいろな投手の球を受けさせてもらっていますが、こういう球もあるんだと思った。重いものがグラブにぶつかる、手元に残る感じ。球の重さにびっくりしました」と“怪物”のボールに目を丸くした。

松坂は「状態はいいと思います。スムーズにストレスなく投げられる。去年よりいいのは間違いない。ここ4~5年で一番いい」と語り、国内復帰後ベストな状態に表情は明るかった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000047-tospoweb-base

             :
             :

32~33歳の頃のこの時期より今年の方が良いということなら、あんた10億以上もらってたソフトバンクで何してたの・・・?

投手にこだわるより代打の切り札の方が意外と脅威かもしれない。

ジジ

魔女の宅急便で「ジジが喋れなくなるシーンが切ない」という感想を見聞きするけど、


あれはジジが喋れなくなるんじゃなくて


キキの魔法の力が弱まってジジの言葉が分からなくなったんじゃないかと。。。


 | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する