Archive RSS Login

何か良いタイトルありませんか?

音楽、競馬、ときどき法律・・・。

 
Category: 日常  

裸芸とBPO

全裸姿で股間部をお盆で隠し、「見えそうで見えない」芸で人気急上昇中のお笑いタレント・アキラ100%(42)さんに、視聴者から「NO」が突きつけられた。
放送倫理・番組向上機構(BPO)が公式サイトで公開している「視聴者からの意見」欄に、2か月連続で「青少年に悪影響」「公然わいせつ」などと苦情が寄せられている。

BPOは2017年5月11日、同4月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイトで公表した。
1456件集まった意見から21件を抜粋して紹介し、その中に、

「素っ裸にお盆一枚で局部を隠す裸芸をしているが、公共の電波を使って裸芸は問題がないのか。子どもの教育にも悪影響があると考えるので今後、テレビ出演等に出演させないでほしい」(原文ママ)

と、アキラさんを指したとみられる訴えがあがった。

こうしたアキラさんの「裸芸」批判は、これで3件目。17年3月に寄せられた意見(2101件)の中でも、同様の苦情が2件(23件中)掲載された。

「万一にも局部が露出したら、公然猥褻などの犯罪になるのではないかと思った。軽犯罪法に該当しないのかとも思った。いずれにしても、裸で芸をするというのは、いじめのツールとして利用されるなど、青少年に悪影響を与えるのではないか」(一部抜粋、以下同)
「子どもが真似したり、悪ふざけで、無理やりその芸をやらされたりするおそれがある」

アキラさんは、ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2017」で、この「裸芸」を披露し、見事優勝。その後はメディア露出も増え、このネタは「生命線」ともいえる。

(以下省略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000004-jct-ent

         :
         :

芸人には生きづらい世の中になりましたね。
真昼間の不倫ドラマやベッドシーンをさしおき、裸芸を公然わいせつなどといわれたらたまったもんじゃない。

「子供の教育に悪影響」とか「悪ふざけでその芸をやらされる」とか「いじめのツールとして利用される」とか言うけど、自分の子供がいじめのツールとして裸芸ををやらせてるとしたら、それは親の教育そのものに問題があるからでしょう(「やらされる側」ばかりでなく「やる側」になっちゃうことも親として考えるべきでしょw)。
自分の教育が行き届いてないことには目を瞑って芸人のせいにするとは、なかなかおめでたい。

何にしても、嫌なら見なければいいと思うが。。。



にほんブログ村

スポンサーサイト


Category: 日常  

離婚はするもの?

最近飲みに行くとよく話に出るのが知り合いの離婚話
なかには「何で君たちが」と軽く酔いがさめるほどの驚きをもたらしてくれる夫婦も。

2分45秒に1組は離婚をしているといわれる現代社会。
夫婦とは所詮は戸籍で繋がっただけの他人同士であるわけで、いちいち離婚話に驚くのも野暮かもしれない。

意外なのは付き合ってる期間が長い人ほど結婚後短い期間で離婚をしているということ。
6年付き合って結婚、1年後に子供が生まれ、その1年後に離婚という話もありました。
彼氏彼女でいることと夫と妻でいることは意味が全く違うけど、彼氏彼女でいる期間が長ければ長いほど「彼氏以上夫未満」「彼女以上妻未満」という曖昧さが付きまとってしまうんでしょうか(よく分からんが)。

私はまだ結婚歴がないが、
人生経験上一つ言えるのは、

結婚後も相手に対する不満に関して自分の両親に助けを求め、
尚且つその両親が介入してきてしまう夫婦


これはきっとうまくいかない・・・・・。



にほんブログ村


Category: 日常  

意外と広島の調子がいい

ここまで勝率8割で首位キープ。なんとなんと。
正直今年は"ヤクルト化現象"を起こしてよくて3位くらいかと思ってたのでこれは意外です。
まだ始まったばかりですが。

今日は横浜相手に8回裏まで「2-3」で負けていたので厳しいかと思ってたけど、次チェックしたら「4ⅹ-3」でサヨナラ逆転勝ち。

横浜ファン側のコメントで「広島相手に3点差のリードでは厳しかった」というものがあったけど、嬉しいですね。
「7回終了時点で3点差で負けてたら試合終了」という時代を長い間過ごしていたので。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


Category: 日常  

・・・その前に

「タバコの次は飲酒規制だ」──厚労省内部からそんな声が聞こえてきた。同省は飲食店や公共の場所での喫煙を全面禁止する受動喫煙防止法案(健康増進法改正案原案)を3月にまとめ、今国会での成立を目指している。打撃を受ける飲食店や旅館業は反対を訴えているが、厚労省は「屋内全面禁煙は東京五輪に向けた国際公約」として押し切る構えを崩していない。

その次に狙っているのが酒の販売から飲酒まで制限するアルコール規制なのだ。日本は世界的に見ても酒の規制が極めて少ない“呑んべぇ天国”だが、「まさか日本に禁酒法の時代が来るわけがない」とタカをくくって花見酒に浮かれていると痛い目を見る。

国民が例年より遅い桜の開花を待ちわびていた4月1日、厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設された。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するためだ。

タバコ規制と並んでアルコール規制は世界的な流れ。喫煙禁止の動きが急速に強まったのは、2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制枠組条約」がきっかけだったが、アルコールについてもWHOは「世界で毎年約330万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を採択した。

その中で各国が取り組む酒害対策の例として「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などをあげ、酒の値段の引き上げ(酒税の税率アップ)、公共の場所での販売規制などが推奨されている。

すでに世界では欧米はじめ、シンガポール、インド、タイなどアジア諸国にも規制の動きが急速に広がっている。日本も2013年に「アルコール健康障害対策基本法」を制定し、アルコール健康障害対策基本計画をまとめた。これは依存症対策などが中心だが、政府はそれに関連して昨年5月に改正酒税法を成立させ、ディスカウント店などの酒の「過剰な安売り」の規制に乗り出した。

広告を規制し、高い税率を課して価格を大幅にあげ、段階的に販売を規制していこうというのはまさにタバコ規制と同じやり方だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170417-00000003-pseven-soci

      :
      :

「東京五輪に向けた国際公約」などといって押し切ろうとする前に、役人はまず国民の意見に耳を傾けなさいよ・・・・・。

酒たばこの嗜好品を規制する前に、不倫ドラマとかを規制した方がいい。
不倫は文化野郎が都知事に立候補しようとしまうこのご時世、非常に困難かもしれないが。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


Category: 日常  

エープリルフール

一年で一日、ウソが許される日。

【このイベント】
【果たして】
【必要か?】

と、毎年思ってます。

そして毎年いるこの日にふざけて「芸能界引退します」宣言するタレント。
かまってほしいのかねぇ(´◉◞౪◟◉)

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04   06

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


にほんブログ村

FC2カウンター