Archive RSS Login

何か良いタイトルありませんか?

音楽、競馬、ときどき法律・・・。

 
Category: 民法  

18歳以上が成年者に?

民法改正により、18歳以上が成年者に・・・?

そうなるとスマホや下宿先のアパートの契約も単独でできるわけですね。
アパートについては今まで通り親が保証人となるでしょうから今までとあまり変わりませんが。

飲酒・喫煙の年齢も引き下げるべき?
なんていう議論もされてるようだけど、民法のみの改正によるなら飲酒・喫煙は20歳以上でしょう。
婚姻による成年擬制がされても、飲酒・喫煙が認められるわけではないんだし。
あくまで民事上成年者として扱われるわけで、飲酒・喫煙が20歳以上とされている制度趣旨は別。

成年擬制といえば、男女の婚姻年齢に変更が加えられずに成年者が18歳以上とされた場合、成年擬制の問題は女性にしか問題とならなくなるね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト


Category: 民法  

家族法

民法の判例百選(親族・相続)を購入!

何で今更というところですが、
意外と相談会で多いんですよ。
内縁配偶者の居住権の問題や離婚事由についてとか。

相続放棄の案件では、「相続の開始を知った日」に関する判例が重要。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


Category: 民法  

共有物不分割特約の期間を延長することはできるのか?

共有物不分割の期間を1年間として定められている場合、これを2年間に延長することはできるか?

まあ、普通にできそうな気もしますが。
が、、、
民法256条ではこのように定められている。

「各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。ただし、五年を超えない期間内は分割をしない旨の契約をすることを妨げない。
2  前項ただし書の契約は、更新することができる。ただし、その期間は、更新の時から五年を超えることができない。」


「延長」ではなく「更新」と規定。
契約期間を延ばす「延長」と異なり、「更新」である以上、契約期間がいったん満了していないといけない。

となると、契約期間中に不分割特約の期間を「延長」することはできないということでしょうか。

多分できないんでしょう。
延長を繰り返されると、共有関係を早めに解消したいという民法の大原則にも反しますしね。

期間中にどうしても不分割特約を延長したい場合、おそらくいったん不分割特約を合意解除して、その上で再度特約をするのでしょうか。
登記をするとなったら、申請書にどういう書き方をするのか見ものですね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


Category: 民法  

父親による認知無効請求は可能

 子を認知した法律上の父が、認知無効を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は14日、「認知者は認知の無効を主張することができる」との初判断を示し、認知された子側の上告を棄却。父側の無効請求を認めた1、2審判決が確定した。

 民法は785条で「認知をした父母は認知を取り消すことができない」と定める一方、786条で、子や利害関係人による取り消しの主張を認めている。

 1、2審判決によると、原告の男性はフィリピン人女性と平成15年に結婚。16年2月、自分とは血縁関係がないことを知りながら、女性の当時8歳の娘を認知した。その後、男性と母子は別居し、男性が認知無効を求める訴えを起こした。

 学説上は「血縁関係のない認知は無効」という考えが主流だが、実際に法律上の父が裁判で訴えられるかについて、最高裁が判断を示すのは初めて。

 同小法廷は「認知をするに至る事情はさまざまで、認知者による無効の主張を一切許さないとするのは相当でない」と指摘。男性は「利害関係人」にあたり、娘との血縁関係のない今回のケースでは、男性の無効請求が認められると判断した。

 5人の裁判官のうち4人の結論。大橋正春裁判官は「認知した父の意向で子の地位を不安定にすることは許されない」とする反対意見を述べた。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140114/trl14011414380005-n1.htm


この判例をちゃんと読んだわけではないんですが・・・・・、
父親が786条の『利害関係人』に含まれるのなら、父親の認知取消を認めない785条の存在意義って・・・・・。

この判例の事例のごとく、特殊な事情がある場合に限り父親にも786条適用(o・ω・o)?

ちゃんと事例から読まないとダメね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

テーマ : 日記    ジャンル : 学問・文化・芸術


Category: 民法  

民法も大改正?

会社法だけではなく民法の債権編も大改正だとかなんとか。


主に各論を改正って聞いたことがあるけど(真偽不明)、そうしたら債権譲渡や代位弁済、債権者代位による登記には影響はないんかな。


・・・・・と思ったら、売買や贈与って各論だったw


登記原因証明情報の書き方とかまた変わるんでしょうね。



早い段階で改正情報をキャッチして本でも執筆すれば売れるかもw

どうやって出版するのか知らないけど。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他日記ブログへ

テーマ : 日記    ジャンル : 学問・文化・芸術


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


にほんブログ村

FC2カウンター