FC2ブログ

今日は合格発表だったそうな

今日は司法書士試験の合格発表だったそうな。

直接関係があるわけではないので発表が今日であることはよく知らなかったけど、一人から合格しましたメールが来た。
これから半年は、楽しいぞ。

が、司法書士ってのが社会の構成要素の一つにすぎないということは常に認識しておかなければならない。

どうも自分が偉いとか寒い勘違いをしている人がいるけど、
そういう人は早かれ遅かれ身を滅ぼすでしょう\(^o^)/

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

会社の設立を数千円の手数料で代行する業者

株式会社を設立する場合であれば、司法書士の報酬は8~10万円くらいでしょうか。

それを数千円で代行するって。

何故なのかと思ってそういった業者のHPを覗いてみたら、設立手続きに関する依頼とともに、指定する税理士との顧問契約も結ぶそうな。
税理士との顧問契約料は、月々2~5万円くらいでしょうか。
まあ、当初から顧問契約を考えてるんなら、設立費用は安くおさまって良いのかもしれないけど。

世の中にはいろんなビジネスを考える人がいるね。
激安のからくりを知ると最終的なプラマイがどうなるのか考えてしまうけど、そこまではHPからは分からない。
いっそどんなもんか依頼してみるか・・・w

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

司法書士試験の受験者減少傾向について

今年もまた受験者数は減少したそうな。
2万5,000人くらい?
私が受けてた頃は3万3,000人くらいいたような。

でも、非情にも合格率は変わらないという・・・w


減少の一番の理由は費用対効果の悪さでしょうね。

受験期間は短くても1年。長期化すれば5年6年・・・∞
予備校代は数十万から期間によっては100万以上かかるし。
その間仕事を控えれば得べかりし利益として数百万。
で、合格しても補助者としては年収300万貰えればブルジョアと呼ばれる世界。

これはちょっと寂しい・・・・・^^;

個人的には試験問題の劣悪化も原因の一つだと思う。
特に記述。
解答が一つに絞れない問題やただ単に写経のごとく書いたもん勝ちの問題とか。
果たして実力が反映されているのかと。

試験である以上最後は運まかせでしょうが、「明らかにお前はないやろ」って人まで合格してしまう問題というのはどうなのかと。

来年以降も減少するでしょうねぇ(-ω-;)

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

独立準備で知ったこと

①貸事務所よりも事務所使用可のアパートの方が家賃がかなり安い。

②ただ、事務所使用の場合、居住用として使用する場合の家賃に加えて消費税がかかる。

③電話線を開通させるのが結構面倒。

      :
      :

①は地域差はあるんでしょうが。
むしろ私が住む地域では、貸事務所の賃料が高すぎるのかもしれないw
一人でやる場合とかであれば、こだわりがなければ事務所使用可のアパートでも業務上は問題ないでしょうね。

②は知らなかったが、まぁ言われてみれば。
ここにきて増税が恨めしい・・・・・。
暴走安部政権・・・・・。

③はなかなか面倒。
大学時代一人暮らししてたころは携帯で足りたんだけど、事務所となるとそういうわけにはいかないからねぇ。FAXも必要だし。
これから開通工事とかやるんですが、今のところネット回線も当然ない。
住居として使用するにしても、LANコンセントがあるアパートはかなり良いかもしれない。
ちなみに私はいまのところWiFiルーターに頼ってネットを使ってるとこです。スマホでも良いんだけど、メールに添付してあるワードとかはさすがにパソコンじゃないとだめだ。

去年の8月。
店員にだまされて買ってしまったとしか思えないWiFiルーターがここにきて役立つとは。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

独立準備

独立の準備色々と大変だ(ToT)
独立したらもっと大変なのかもしれないけど。生活が。。。。。オエ、吐きそう。

補助者として働いてる事務所で登録
→その後辞めて独立

ってのがちょっとラクかもしれないね。
職印とかもできてるし登録費も安くてすむしね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 音楽ブログへ

«  | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する