FC2ブログ

相続登記義務化の行く末は

法制審議会(法相の諮問機関)の民法・不動産登記法部会は3日、人口減少などによって所有者が分からない土地が増えている問題に対処するための中間試案について協議した。

所有者が死亡した土地の相続人に登記を義務付け、罰則も設けることで一致した。

3日の協議を踏まえ、法制審は中間試案を来年1月上旬に公表し、意見公募(パブリックコメント)を行う。法務省は来年秋にも想定される臨時国会に関連法改正案を提出したい考えだ。

土地の所有者が死亡すると自動的に相続が発生するが、登記が義務ではないことから、所有者不明の土地が全国的に増えている。このため、登記を義務付けるとともに、義務を知りながら一定期間放置していた場合に過料を科す。

登記の障害となっていた煩雑な手続きも簡素化。相続人のうち1人でも登記すれば義務を果たしたと認め、必要書類を最小限にとどめる。費用も軽減する。 


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000108-jij-pol

               :
               :

手続きが簡略化されて誰でも相続登記の手続きができるようになれば、本格的に司法書士事務所の廃業が続出するな・・・。

司法書士の生計を維持するための相続登記というわけではないので、手続きの簡略化はやむを得ないとも思う。

ただ、

  手続き簡略化
     ↓
  書類も簡略となり誰でも簡単に登記可能
     ↓
  虚偽名義又は合意に基づかない登記続出
     ↓
  取引の安全を害する

といった事態は想像に難くない。

相続事例ではないけど、先日も不動産屋と親族が結託して、偶然知ったであろう「家族信託」を悪用して認知症である所有権者のマンションの所有権を奪い取ろうとしている事例に出くわした。
高齢化社会において認知症が激増する昨今、判断能力が低下した高齢者の不動産の所有権を食い物にされる事例が頻発していることを忘れてはいけない。

それと、過料の制裁というけど、民法177条との整合性はどうするんだろ。

などと久しぶりに投稿してみる。

スポンサーサイト



魅惑のshowが

東京ディズニーシーで2011年4月28日にスタートしたナイトタイムエンターテイメント「ファンタズミック!」が、2020年3月25日で終了する。

「ファンタズミック!」はメディテレーニアンハーバーを舞台に、イマジネーションあふれるストーリーを紡ぐ、TDSの夜を彩る人気のエンターテイメント。魔法使いの弟子となったミッキーマウスが繰り広げるダイナミックで幻想的な世界観は、2011年の公演当初より大人気を博していた。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、全ての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細情報は公式サイトを参照ください。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000008-cine-movi

              :
              :

これはショック!
ランドの夜のパレードも良いけどシーの夜のショウを初めて見た時の圧巻、興奮、感動は言葉に言い表せない!

著作権にうるさい東京ディズニーリゾートだけどDVD発売を希望!

一年に一回、いや数年に一回でいいから何かの記念で復活してくんないかな・・・・。

結局そういう人

NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が、マツコ・デラックス(46)がTOKYO MX「5時に夢中!」で、同党について「気持ち悪い」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」などと発言したことに怒りをあらわにしている件で、マツコが同番組に生出演した12日夕、立花氏が同局前に現れ、約1時間、マツコ批判の演説を行った。

同局1階スタジオでマツコが番組に生出演するのがガラスごしに見える場所で、立花氏は「投票した人を侮辱するのは許せない」「コソコソせずに出て来たらいい」と、声をあげた。自身が同番組に出演しての直接対決も希望した。「マツコ・デラックスをぶっ壊~す!」と気炎も。

同局前には約100人が集まり、騒然となった。

立花氏は番組終了後もマツコが出てくるのを待っていたのか、しばらく同局前に残っていたが、午後6時15分頃に現場を離れた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000123-dal-ent


                    :
                    :

この人ね、ふざけてんのかと思いきやまっすぐな考えがある人なんだと思ってたけどね。
結局は「そういう人」だった。
自分が批判されたから徹底的にやり返すなどというくだらない自己満足に血税が注がれてるのかと思うと泣きたくなる。
これも広告収入のためのパフォーマンスなのかもしれないけど。

批判されたんならその批判を抑え込むくらいに粛々と任務を遂行して政策を実現する。
これが国会議員の本来あるべき姿だと思うが、今やってることはチンピラと変わらないw

マツコ・デラックスも厄介なのを相手にしちゃって不憫だな。

あと客体が「NHK」ならまだしも個人名を相手に「ぶっ壊す」は法的に問題があるんじゃないか。
ここはいっそ争ってもいいところ。

関屋記念(GⅢ・新潟・1600m) ◎⑥

長い直線に惑わされるけど、前目が残るんだよね~。
とはいえ一昨年のマルターズアポジーの逃げ切りには少々驚いた記憶が。


◎ ⑥ ソーグリッタリング
○ ⑨ ディメンシオン
▲ ⑩ ロシュフォール
△ ④ オールフォーラブ
★ ⑬ ミッキーグローリー

単 勝 ⑥
複 勝 ⑨
ワイド ⑩-⑥、⑩-④
三連複 ⑬⑥-④⑨⑩



<一言コメント>
ソーグリッタリング…前々走のような走りができれば初重賞制覇も。

ディメンシオン…新潟が、というより左回りが向いている。流れに乗って粘りこみを期待。

ロシュフォール…こちらも左回りなら。鞍上の重賞騎乗機会連勝記録は言われだしたら止まってしまいそうw

オールフォーラヴ…展開が向けばしっかり結果を残すタイプ。

ミッキーグローリー…鞍上ルメール - 大型馬の休養明け = ちょっとプラス


<その他>
ケイデンスコール…最悪の内枠。毎日杯みたいになりそうだが。

サラキア…前走は全てうまくはまった。出足が悪いので今回はいかに。

ミエノサクシード…そろそろ疲労蓄積が心配。

ヤングマンパワー…かつての優勝馬も目下5連続二桁着順という。


神秘的CANONROCK



「神秘的」という印象は映像の影響も多分にあるけどこういうCanon Rockも癒される♪
それにしも最初にカノンをロックでやってみようと考えた人はいったい誰なんだろう(・・)


将来女の子が生まれたら「カノン」っていう名前が今もなお憧れ。
「かのん」「カノン」「花音」「香音」「華音」・・・・・。いや、「夏音」というのもいいな。。。などという夏の夜の妄想。

 | HOME |  »

プロフィール

ほーねっと

Author:ほーねっと


最近の記事


最近のコメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する